higedango
sirohokuyou
kusauo
お問合せ・お申込みは下記へ問合せ

〶981-0503 
宮城県東松島市矢本字関の内149-16
 ☏ 090-3648-2538 (渡辺)

etigenkurage
メンバー紹介
ちょっと海へ
渡辺信次の
ブログ
ポイント紹介
jindouika
水温と生物

㈲レック 所有のHDW-790ブリンプ
水中からの生中継やレポートに活躍

meiru
maboyanoyousyoku

女川町竹浦

ライブラリー
テレビ番組
kamukamu
ファンダイブ
水中カメラマン
お問合せ
garari
matoudai
mimiuka
 東日本大震災から7年、まだまだ復興道中の女川町ですが、女川湾の生きものたちは震災前以上に元気に活動しています。また、竹浦のダイビング施設も充実し人気者のダンゴウオやクチバシカジカなど通年観察できる環境になりました。これからも女川湾の生きものたちの観察と漁業支援活動を続けながら、女川湾の情報をブログ「おながわ海中漫歩・ちょっと海へ」で発信していきます。 是非、女川町に遊びに来てください。          
                                    2018年3月
                           ダイビングサービス バックロール 
                                 代表  
渡辺信次
                                                    
NEWS

「女川の海」のことなら、40年以上の実績がある
   TEAM BACKROLLがご案内します


竹浦のファンダイビングは、2名様以上で毎日開催します

 3月の女川湾の水温は7~8℃まで下がってくるが、クチバシカジカの抱卵やヒメフタスジカジカの抱卵が観察できるほか、運が良ければハッチアウトに遭遇することも。また、ダンゴウオも数多く、今月末には抱卵が始まります。
   ・・・・是非、竹浦の海に遊びに来てください。・・・・
「ちょっと海へ」
kitibasikajika